Y's Toolbox
仕事のスピードをもうちょっと上げてみたい
10 | 2017/03 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界経済が回復するなかなぜ日本だけが取り残されるのか
世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか
(2010/05/28)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

高度成長を経て日本人の生活水準は向上した。
消費需要は飽和したのだが生産能力が残っているので外需を求め、金融緩和と円安政策に頼って輸出を増やした。
しかし中国などの新興国が工業化したのでこれと競合する結果となり、賃金がサヤ寄せされて低下した。
これが国内需要を更に低迷させ、外需依存に拍車をかけた。
02年以降、輸出が増加し、それによって日本経済は景気回復を果たした。
ところでこの景気回復は多くの日本人にとって実感を伴わない物だった。それは賃金が上昇しなかったからである。
国民所得の分配で言えば、景気回復の過程で増加したのは企業所得と財産所得だ。
つまり、アメリカの住宅価格、日本の対米輸出、日本の自動車輸出、実質GDP、企業所得、財産所得等は関連して増加したが、賃金水準はその関連から疎外されていた。

日本の製造業の今後ももう少しこの傾向は続くだろう。
「もの」を作って「輸出」して「所得」が潤う構図は当分無理か。
残すべき物は何だろう。
間違えているかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

とにかくホワイトボードの前に立つ
1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術
(2008/06/27)
斎藤 岳

商品詳細を見る


①ゴールを明確にせよ
②今話すべき論点を問いかけ議論を集中させよ
③停滞、対立には思い切って踏み込め。立ち上がってドライブせよ
④頭の中を構造化させ本質つかみ取れ

ホワイトボードの前に立ち、とにかく書く!

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

すべては自分なのである! 失敗を前向きにとらえることが大切
何のために働くのか何のために働くのか
(2007/03)
北尾 吉孝

商品詳細を見る


・好き嫌いで判断している限り決して自分の望んでいる仕事には巡り会えない(素直に受け入れ、一心不乱に取り組む。転職を見つけるには「続ける」事)

論理的価値観
・「信」とは約束を破らないこと
・「義」は正しいことを行うこと
・「仁」は思いやりの精神。相手の立場になって物事を考えているかどうか。自分の私利私欲が前面に出ていないか。
利益は正しい行いの結果でなくてはならない。

・「失敗しても後ろは振り返らない」と自分に言い聞かせる。たとえ失敗したとしても「あっ、これは天命だ。天はここで自分に失敗させたことがいいとかんがえてこうしてくれたんだ」と前向きにとらえる。

仕事の達人になるためには
・判断力、直感力を養う
・物の見方、考え方を養う(根本的に見る、多面的に見る、長期的に見る)
・すべてを自分のこととして考える(人のせいにしない)

ピンチがやってきたらそれをありがたいと思う事。
問題が難しければ難しいほどにっhげんは必死になる。それを乗り越えるためにありとあらゆる手を考える。そういう体験を通して人は自分の知恵を磨くことが出来る。絶好のチャンスである。




テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

基本的には量が質を作っている
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
(2008/03/12)
奥野 宣之

商品詳細を見る


いいアイデアは常に大量のゴミアイデアの中から出てくる。
基本的には量が質を作っている。
プロと素人の差も単純な物量で埋められている。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

「武器は頭脳」と心得よ
「知の衰退」からいかに脱出するか?「知の衰退」からいかに脱出するか?
(2009/01/23)
大前研一

商品詳細を見る


本を読むのに必要とした時間を1とすれば、5ぐらいの時間を
・何が書いてあったのか
・それは自分にとってどういう意味があるのか
・自分の会社にとってどういう意味があるのか
・われわれの会社にとってどういう意味があるのか
・我々の社会にとってどういう意味があるのか
そういうことを考える時間に充てなさい。

ああしろこうしろというトップダウンの経営は古い。
「集団知経営」知恵あるモノの知恵が集まりみんなで経営方針を修正していく。

21世紀のリーダーに必要な資質、能力
・方向を示す
・程度と方法を示す
・具体的にやってみせる
・出来る人間を連れてくる(日本人に限らず)


テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。